初心者でも!東京でオススメのプログラミングスクールをランキング!

インターネットアカデミー

日本初そして日本唯一のWeb専門プログラミングスクール「インターネットアカデミー」

比較ランキング第三位はインターネットアカデミーです。

インターネットアカデミーは、教育業界唯一のW3C(Web技術の世界最高位)の団体メンバー企業であり、どこよりも最新で正確なWebスキルの情報を獲得することができます。国内有数の実績を持つWeb制作会社が母体のため、実践で即役立つ知識とスキルを学ぶことができます。

また、インターネットアカデミーは就職サポートに強いことが特徴として挙げられます。

Web制作会社とWeb人材サービスをグループ企業に持っており、Web業界の就職において求められているスキルや人材ニーズを把握しています。

常時、受講生に対して600社の求人情報を紹介してもらうことが可能です。

インターネットアカデミーは25000人を超える卒業実績を誇ります。受講生と卒業生をつなぐ「BOHR(ボーア)」と言われるネットワークで定期的にセミナーや交流会を開催しており、クリエイター同士の交流と、業界の情報共有が可能です。

受講形態 授業毎に3種類の中から選択可能
開講時間 平日10:00〜21:00 土日10:00〜19:00
受講スタイル グローバルな技術を身につけられる

常に最新であり、グローバルなWeb技術が身に付けられる


インターネットアカデミーの母体は、「東京藝術大学」「気象庁」などの日本有数の制作実績を持つWeb制作会社「IBJ」です。

他にも「京都大学iPS細胞研究所(CiRA)」や「筑波大学」などの制作実績もあり、その実力はお墨付きです。

またそのグループ企業に「ITRA」を持っており、十分な数のプロフェッショナルをインストラクターとして確保できます。これが高いクオリティとフレキシブルな受講の両立を可能にしている秘密です。

また、インターネットアカデミーは教育業界唯一のW3Cのメンバーであることから、常に最新で正確なWebスキルの情報を受講生へ提供してくれます。

※「W3C」とは「World Wide Web Consortium」の略で、Webサイト制作に必要なルールの標準化を行っているWebに関する世界最高位の団体のこと

「W3C」はアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)にある本部をはじめとして、日本の慶應義塾大学、フランスの欧州情報処理数学研究コンソーシアム、そして中国の北京航空大学の4つのホスト機関を中心に運営が行われています。

インターネットアカデミーの講師はそのホスト機関に客員研究員として常駐し、最新のWeb技術開発などの仕事に携わっています。

さらにインターネットアカデミーでは最先端の技術や人材が集うニューヨーク、ボストン、バンガロールに支店と研究所を設立し、グローバル企業が求めるWeb技術を把握し、カリキュラムへ還元しています。

これによりインターネットアカデミーの卒業生はグローバルに通用するスキルを手にすることができるのです。

授業毎に3つの受講形式を自由に選べる


インターネットアカデミーの受講スタイルは「ライブ授業」「マンツーマン授業」「オンデマンド授業」 の3種類があります。

授業毎に毎回好きな受講形式を選択して学習することができますので、働きながらじっくり時間をかけて学びたい方も、短期間で就職を目指す方もそれぞれのスタイルで受講することができます。

「ライブ授業」では業界の第一線で活躍する現役のクリエイターが2時間しっかり直接指導してくれます。様々な知識やテクニックが正確に得られるのはもちろんのこと、プロの裏技や現場での体験談などリアルな話題を聞くことができるのも魅力の一つです。

「マンツーマン授業」では60分間インストラクターを独り占めして学習することができます。その場で疑問をすぐに解消でき、また、個人のレベルに合わせたアドバイスを受けることが可能。

「オンデマンド授業」はライブ授業の品質をそのままにPC操作で学べるビデオ学習です。

サイドモニターで授業を進めながら制作実習していくので必要な箇所だけを繰り返し学習することが可能です。

最短30分から予約できることが特徴で、ライブ授業前後の空き時間などを工夫して使用することができます。

まずは無料体験レッスンを


インターネットアカデミーではWebデザインを学びたい方やプログラミングを学びたい方、在宅やフリーランスで働きたい方、資格を取りたい方や転職したい方など、それぞれの目的に応じて細かく分かれた沢山の種類の中からコースを選択することができます。

毎日無料体験レッスンを開催しているそうなので、まずは体験してみてはいかがでしょうか。